C125の異音、直ったか?

602BA16E-6E0C-4134-8834-A624240458CF.jpeg
C125のシフトチェンジ時に鳴る、パコパコ音に悩まされていた。
もう一度、クラッチの調整を自分でしてみた。
フットブレーキ側にある、ボルトを緩め、中のネジを右に一回転、左に止まるまで回す。
そこで、45度戻すところを、その半分ぐらい戻して終わらしてみた。
それから、2週間ぐらい経ったが、今のところパコパコ音は発生していない。
シフトの入りも、前より良い感じだ。
しかし、この異音は、急に発生したりするので油断はできない。
エンジンの温度なんかも関係あるのか、走っている途中から鳴り出したりする。
音も結構大きいので、恥ずかしい。
だから、海外製はダメとなってしまうのだろう。
カングーという、ボロ車に鍛えられたのか、自分はあんまり気にしていない。
しかし、神経質な人は、高いバイクなのにとストレスを感じるだろう。
とりあえず、異音は収まっているので、良かった良かった。

この記事へのコメント